1971年(昭和46年)、琉球大学理学部付属の施設として発足した。当時は瀬底島にはまだ橋がなかった。1994年(平成6年)、熱帯生物圏研究センター(以下、熱生研)が発足し、全国共同利用施設となった。2009年(平成21年)には全国共同利用・共同研究拠点と認定された。年間、延べ9000人近い研究者、学生が利用する。敷地内には研究棟2棟、生物飼育施設2棟、艇庫、宿泊棟(38名収容)を有し、2隻の船舶を有する。世界でも非常にまれなサンゴ礁が目前にある研究施設で、日本国内だけでなく世界からも多くの研究者や学生が訪れる。これまでサンゴ礁生物に関する研究が活発に行われ、魚類の生理現象(生殖そして性転換など)、サンゴの幼生分散、環境変動に対する研究が活発に行われている。
琉球大学 瀬底研究施設

住所: 〒905-0227 沖縄県国頭郡本部町字瀬底3422
E-mail: sesoko@acs.u-ryukyu.ac.jp
HP: http://www.tbc.u-ryukyu.ac.jp/sesoko/ja/