1924年(大正13年)、東北帝国大学理学部附属浅虫臨海実験所として設立された。

2005年(平成17年)に生命科学研究科附属となり、2010年(平成22年)に現在の「浅虫海洋生物学教育研究センター」に改称された。

年間延べ2500人ほどの研究者と学生が利用する。敷地内には、教育研究棟、生物飼育施設、宿泊棟(40名収容)、長期滞在者用宿舎(3室)を有し、2隻の船舶を有する。

これまでシロナマコの生理学(畑井新喜司)、ホタテガイ産卵誘発法の開発(山本護太郎)、ミズクラゲの生活史の研究(平井越郎、柿沼好子)、浮遊珪藻の研究(小久保清治)、ウニ卵の受精におけるヤヌスグリーン顆粒の発見(元村勲)、ホヤの産卵の仕組みの研究(沼宮内隆晴)などが行われ、現在は、ホヤ・ウニ・クラゲ等の海産無脊椎動物を用いた発生生物学、比較発生学、細胞生物学、および海洋生態学、クマムシの分類学に関する研究が行われている。2011年(平成23年)からは文部科学省「教育関係共同利用拠点」に認定され、他大学による施設利用、国際臨海実習の開催など、海洋生物学の教育研究とその普及に努めている。

 

〒039-3501 青森県青森市浅虫坂本9番地

E-mail:asamushi@grp.tohoku.ac.jp

HP:http://www.biology.tohoku.ac.jp/lab-www/asamushi/index.html