当臨海実験所は、名古屋帝国大学医学部附属施設として、名古屋帝国大学発足と同年に当たる1939年12月14日に創設され、1942年4月に理工学部から理学部が独立した際に理学部附属となった。

1971年に改築が行われ、1996年には実習棟も新たに建設され現在に至る。
設置場所として菅島が選ばれたのは、生物相が非常に豊富なことが主な理由である。2013‒2017年度まで、教育関係共同利用拠点「先端マリンバイオロジー教育共同利用拠点」として文科省に認定され、2018‒2022年度まで更新となっている。

年間4000人近い研究者・学生が利用している。アスター(9.1 t, 定員30名)、フロンティア(4.6 t, 定員13名)、パンニャー(0.7 t, 定員に6名)の3隻の船を有する。
質量分析計、DNAシークエンサー、各種顕微鏡をはじめ多くの研究機器を保有しており、生化学・分子生物学・細胞生物学研究を行う環境が整っている。名大理学部生命理学科の臨海実習に加えて他大学の臨海実習や公開臨海実習、留学生や海外の学生を対象とした国際臨海実習、高校生の臨海実習など幅広い教育活動が行われている。

創設当時からウニを用いた受精・発生研究が行われてきたが、現在は、ウニに加えてホヤを用いた受精機構の研究、さらに雌雄同体のホヤ類が自家不稔となる、アロ認識機構(同種
異個体細胞の認識機構)の研究が行われている。また、ヘビ毒による出血機構や血管内皮細胞のアポトーシス誘導機構についても研究が行われている。

名古屋大学大学院理学研究科附属臨海実験所 外観

〒517‒0004 三重県鳥羽市菅島町429−63
E‒mail: hsawada@bio.nagoya‒u.ac.jp
HP:http://www.bio.nagoya‒u.ac.jp/∼SugashimaMBL